ブログ

空き家の活用方法

こんにちは! 東京クリーン栁沼です。

前回のブログでは、空き家の定義と現状についてお話ししました。

前回のブログは こちら からご覧ください!

 

タイトルにもある通り、今回は空き家を上手く活用する方法を紹介していこうと思います!

空き家ってそもそも活用方法があるの?って思いますよね。

意外にもいろいろな用途があるんです!

 


 

では、具体的にどんなことに空き家を利用することができるのでしょうか?

一例を挙げてみましょう。

 

  • 戸建て賃貸

  • 福祉施設

  • コワーキングスペース

  • レンタルスペース

 

戸建て賃貸

戸建て賃貸は、元ある建物をそのまま戸建てとして貸し出す方法と、新築の戸建てを貸し出す方法があります。

ただ、元ある建物を貸し出す場合は、建物の状態によってはリフォームを行ってからのほうが

需要が高くなることも考えられるので、リフォームをするのもひとつの手です。

 

福祉施設

空き家になっている建物を福祉施設として貸し出して利用するケースも増えているようです。

先ほどの戸建て賃貸と同様に、場合によってはバリアフリー化するにあたってのリフォームが

必要になることもありますが、退去されない限りは長期的に安定的な収入が見込まれます。

 

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、新型コロナウイルスが流行ってからテレワーク(在宅ワーク)が

普及したことによって急速に利用者が増えている事務スペースを共有できる施設です。

事務機器(プリンター、シュレッダーなど)の用意、インターネット環境の整備などが必要になります。

 

レンタルスペース

レンタルスペースとは時間貸しを行っているスペースのことで、主に個室で貸し出します。

先ほど紹介したコワーキングスペースとは用途が違ってきます。

レンタルスペースは勉強会やパーティーを開いたり、動画撮影やダンスなどの練習にも使えたりと利用方法は多岐にわたります。

さらに時間単位で貸し出すことができるので、利用者も気軽に借りることができるのがメリットです。


 

いかがだったでしょうか?

空き家は意外にもたくさんのことに活用することができるんですよ!

上に挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさん活用方法があります。

空き家の状況に応じて再活用するのを視野に入れてみるのもいいのではないでしょうか。

 

今回は空き家を活用する方法を紹介しましたが、

次回は空き家を解体したあとの土地をどう活用できるかについてご紹介します!